読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mercurial の diff を美しく表示するために必要なたった 1つの設定

このエントリは Mercurial Advent Calendar 2013 の17日目です。
タイトルは Git の diff を美しく表示するために必要なたった 1 つの設定 #git のパクリです。すみません。

↑の記事を読んで、単語単位で diff 表示のできる git + diff-highlight が羨ましくなったのでいろいろ試してみました。
きっかけはこのツイート。


@flyingfoozy と話す中で

  • mercurial の diff は行単位で処理しているので、書き換えるのは大変そう (効率も気になる)
  • hg diff --color always | diff-highlight とすれば文字単位の diff 表示できるよ
    • --colors always しないとカラーリングされないので注意
    • でも alias 化する方法はなさそう
  • extdiff を使ってコマンドを追加することは可能

ということが分かりました。(というかほぼ教えてもらいました。ありがとうございます)

文字単位の diff 表示をする extdiff を用意してみよう

extdiff で用意する diff コマンドはファイルを 2つ引数に受け取ります。

既に世の中には文字単位の diff 表示をする素敵コマンド diffc が提供されているので
これ使うことにします*1

$ curl -O http://diffc.googlecode.com/svn/trunk/bin/python2/diffc
$ chmod +x diffc

あとは hgrc でこの extdiff を定義するだけです。

[extensions]
extdiff =

[extdiff]
diffc = diffc

訂正 12/18: extdiff の設定方法を cmd.diffc = ... から difc = ... に変更 (@flyingofoozy さん、感謝!)
この設定で hg diffc を実行すると diff が文字単位表示になります。
f:id:tk0miya:20131216151809p:plain

個人的には unified diff 形式が好みなので、unified diff で比較できるよう手を加えます。
diffc でも -u オプションを指定すると unified diff になるのですが、
extdiff ではコマンドライン引数を設定することができません。

そのため、コマンドライン引数を与えるラッパースクリプトを用意します。
手元では hg-diff-highlight という名前にしています。

#!/bin/sh
diffc -u $1 $2

そして extdiff 設定も書き換えます。
hgrc を書き換え、diffc の設定に -u を付け加えます。

[extdiff]
diffc = diffc -u

訂正 12/18: extdiff を正しく設定するとラッパースクリプトは不要であるため、記述を変更しました。
そして hg diffc を呼ぶとちゃんと unified diff になります。
f:id:tk0miya:20131216155359p:plain

さらに extdiff のコマンド名を cmd.diff などに変えると普段使っている hg diff の置き換えとして使うこともできます。

別解: diff-highlight をそのまま利用する

…とここまでまとめていたら、@flyingfoozyからこんな意見を貰いました。

ちょっと強引ですが、diff-highlight は「diff っぽい」出力にしか反応しないため、
常時 diff-highlight を呼び出す方がシンプルかもしれませんね。
それに log -p や tip -p などの出力にも応用が効くのはよいことです。

pager に指定する場合は次のように設定します。

[extensions]
pager =

[pager]
pager = diff-highlight | LESS='FRX' less
quiet = True
 attend = annotate, cat, diff, export, glog, log, qdiff

出力はこうなります。
f:id:tk0miya:20131216212418p:plain

まとめ

extdiff と diffc、そしてちょっとしたラッパースクリプトを組み合わせると
Mercurial でも文字単位での diff ができることをご紹介しました。
また、pager プラグイン経由で diff-highlight を使う方法もあります。

ちょっと便利に hg diff したいときに参考にしてみてください。

追記 12/18: 続・Mercurial の diff を美しく表示するために必要なたった 1つの設定 という記事を書きました。

*1:内部で diff コマンドを呼び出しているようなので、windows 環境では使えないかもしれません。