読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sphinx-1.3 に numfig っぽい機能を付けた話

このブログでは numfig の闇と向き合う の記事から numfig との取っ組み合いをしていましたが、
ひょんなことから Sphinx 本体の改修を手伝うことになり、
つい先日 Assign numbers to figures, tables and code-blocks というプルリクが本体に取り込まれました。
また、別のプルリクとして Add :numref: role to refer figures, tables and code-blocks by its fignum が送られていて、
ふたつを合わせると numfig の図表番号という考え方が Sphinx 本体にマージされることになります。

Sphinx 拡張を書くのと比べると Sphinx 本体をいじるのはできることが多くなるかわりに、
奔放なコードを書くと禍根を残すことになるので三倍ぐらい丁寧にコードを読むことになりました。


また、他にも code-block にキャプションを振る機能graphviz 拡張のキャプションまわりの改善など、
toctree や参照まわりに関する改善を積み重ねてきました。
詳しい日付はまだ出ていませんが、Sphinx 1.3のβ版は近日リリースされるとのことです。

論文や書籍を書くなど、numfig に興味を持っているひとは Sphinx 1.3β にチャレンジしてみてください。
conf.py に numfig = True と書くだけで図表番号が採番されるようになります。


リリースを目前にして、マージされたプルリクのリストを見て、頑張ったなあという感慨を抱いたので記録代わりに記事を書いておきます。